メンズ

マンション経営にはリスクが付き物|上手に経営するヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる会社なのか

お金

空室が生じるリスクを低く抑えるための工夫として、家賃保証会社を利用するのが良いと思われます。ただ、一定の収入を保証してくれるのですが、家賃保証会社の選択を間違わないようにしてください。家賃を2年ごとに下げられたり、余計な修繕を強いられる等の問題があるので、評判の良い家賃保証会社を選んでください。

Read

管理会社の特徴

住宅

マンション管理の業務を委託するときには、管理会社に依頼します。独立系とディベロッパー系があります。自主管理も可能ですが、やはり負担が大きいものです。コストを抑制して柔軟なサービスを提供できる独立系がおすすめです。

Read

様々な投資案件と独自性

ソーラー発電

土地付き太陽光発電の特長は他の投資案件と比較すると明らかになります。ワンルームマンション、コンビニ、駐車場などの場合は価格競争、立地条件、コストが発生するなどのリスクがあります。しかし、太陽光発電にはリスクが少なく安定的に利益を得られます。

Read

人気の不動産投資

外観

空室を避ける手法

不動産投資は最近人気になっている投資方法の一つです。中でもマンション投資が人気になっています。マンション投資はサラリーマンでも支払う事の出来る資金で開始できるため、副業としても人気になっているのです。大都市では単身世帯向けのマンションの需要が高くなっています。駅に近いなどの不動産を購入し、運用することで確実に利益を上げることができるメリットがあります。しかしマンション経営も金融商品の投資のひとつになりますので、リスクも発生します。マンション経営のリスクは空室のリスクになります。特にマンションをローンで購入するなどした場合には、空室が発生することで、収入が全く入らなくなります。そのため空室をおこさないようにすることが最も大事なポイントになります。

長期視野で経営

賃貸マンションは、入居の入れ替えがあります。そのため一定期間の空室はやむを得ない事情がありますが、長期間の空室は避けなければなりません。そのため、需要の高い部屋にする必要があります。新築時には、どのマンションも人気が高くなりますが、築年数が経過すると需要は低くなります。ローンの場合には長期間になるケースがありますので、マンション経営の際においては、長期視野を持ってリスク回避をすることが大事なポイントなのです。駅に近いことや商業施設が充実している事、学校が近く学生の需要が絶えないなどの需要が低下しない確実要素を見込んでマンション経営することが大事なのです。将来的にリフォームをするなどの方法もありますが、コストが高くつくデメリットになってしまいます。