様々な投資案件と独自性|マンション経営にはリスクが付き物|上手に経営するヒント
ウーマン

マンション経営にはリスクが付き物|上手に経営するヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な投資案件と独自性

ソーラー発電

土地付き太陽光発電は他の投資案件と比較して初めてその特長が明らかになります。まず代表的な投資商品としてワンルームマンションがありますので、それと比較してみます。ワンルームマンションは利回りが平均的に3%から8%になります。なぜこれほど利益幅が大きいかというと、競合との差別化のために、コストが発生するからです。競合がほとんどいなければ差別化の必要もありませんので、8%の利回りを得ることも可能です。しかしながら、たいていの場合は周辺に同じようなマンションがありますので、内装工事やマンションの管理システムなどの投資が要ります。そのため、安定的に利益を得ることは難しいです。土地付き太陽光発電の場合は競合との競争がないので、8%から10%と高水準で幅も小さいです。

土地付き太陽光発電には他の投資案件にはない特長があります。それは安定性です。ワンルームマンションは競合の問題だけでなく空室のリスクもありますし、駐車場は激しい価格競争が常に待っています。コンビニは立地条件や他の競合の参入で大きく利益減になるリスクがあります。土地付き太陽光発電にはこのようなリスクが全てありません。管理は投資家本人がするのではなく販売会社に委任することができますので、自己管理によるリスクもありません。もちろん、故障するというリスクはありますが、販売会社によっては売電補償制度を導入している会社もあります。これは故障したことで得られるはずだった利益を補償してくれるというものです。販売会社を慎重に選べば低リスクで安定的な収入を見込めます。