管理会社の特徴|マンション経営にはリスクが付き物|上手に経営するヒント
ウーマン

マンション経営にはリスクが付き物|上手に経営するヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

管理会社の特徴

住宅

マンション管理の委託において重要なことは、どのような管理会社に依頼するかということです。管理会社の業務は会計の支出、出納、メンテナンスなど多岐にわたります。他にも、管理会社が直接することではないですが、清掃業務などもあります。また、管理会社には、大きく分けて独立系会社とディベロッパー系会社の2種類があります。後者は親会社が建設会社である企業のことです。親会社が施行したマンションを管理することが多いです。前者はこのような系列を持たない会社のことです。自由に事業を行ったり拡大させることができます。マンション管理を委託するときにはどちらを選ぶかも大切です。管理委託費は独立系の方が安い傾向があります。

マンション管理の委託先として独立系かディベロッパー系のどちらを選ぶかという問題は利益にも直接的にも関わってきます。ディベロッパー系の管理会社は親会社の意向に左右されやすく料金体系も比較的高くなっています。それに対して、独立系管理会社は自由に事業を行っているので、柔軟な対応やサービスをしてくれます。しかも、低価格を売りにしている企業が多いので、コストを抑えることもできます。そのため、マンション管理を委託するときには独立系管理会社がおすすめです。もちろん、委託することなく自主管理も不可能ではありません。管理費を自分で調整することができますので、管理費を低めに抑えられることもできます。ただ、その分負担は大きくなるので、やはり忙しい方は管理会社に依頼するのが得策でしょう。